wine m blog

個人的なWINE blog

*

素敵なワイン会に参加させていただきました。(シャンパンから五大シャトーや世界三大貴腐ワインまで) その②

      2016/10/28

さてさて、お楽しみの第②弾!!

いつもは、自宅で飲んだワインのレポートや、ワインの基礎知識を配信してますが、

今回は、知人のワインエキスパート合格祝いワインパーティーに参加させていただいたので、

そちらのレポート第②弾です。

グラスに注いだワインの写真を撮り忘れております!!

写真はワインのボトルのみです。

先にお詫びしておきます(^^)

スポンサーリンク

お待ちかねの赤ワイン

赤ワインもさらに凄いラインナップになってますよ!!

まずはコレ。

シャトー・パルメ 1990

bw-9

メドック格付け 第三級ですが、

マルゴー村のなかで、一級シャトーのシャトー・マルゴーに匹敵するのがこのシャトー・パルメ。

1級と2級シャトーの間の価格帯で取引されてます。

しかも今回は、ビッグヴィンテージの1990年!!

メドック地区のワインとしては異例なほどメルローの比率が高いワインです。

ピークは少し過ぎてますが、

古酒独特の香りと味わい。

私は好きでしたよ。

 

のっけから凄いワインです。

さて次は、

パヴィヨンルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 1996

bw-10

 

マルゴー村2連チャン!!

メドック格付け 第一級 5大シャトーの1つで

最も高貴なるワインの女王シャトー・マルゴー2ndラベルです。

またもビッグヴィンテージの1996年

ファーストのシャトー・マルゴーはパーカーポイント99点!!

1996年はカベルネの年と言われ、コクのある濃縮したワインが造られました。

 

感想は??

「高貴!!」

この一言です。

 

まだまだありますよ!!

次は、

トレ・ステッレ リゾット

bw-11

ここで登場!!

トレ・ステッレさんのリゾット。

塩分が絶妙で、ワインに良く合うんです!!

トレ・ステッレの情報はコチラ

 

さぁ、次です。

シャトー・ラトゥール 1994

bw-12

きました、ラトゥール!!

メドック格付け 第一級 5大シャトーの1つで、

1級シャトーの中でも上位にランキングされます。

ポイヤック村の1994年ヴィンテージは、並~優良と評されるまずまずの出来です。

今が正に飲み頃で、タンニンに角がなくとろけるような味わいです。

 

さて、どんどん行きましょう。

シャトー・マルゴー 2004

bw-13

メドック格付け 第一級 5大シャトーの1つで

最も高貴なるワインの女王

シャトー・マルゴーです!!!!

このラインナップ凄くないですか??

ニヤニヤが止まらないのは私だけでしょうか。。。

高貴すぎてため息が出ます。

 

ここまで来たら次は一体。。。

 

シャトー・オーゾンヌ 1989

bw-14

主催者の方に以前「オーゾンヌが飲みたい!!」とお伝えしたら、

出てきました!!

しかも1989年!!!!

飲み頃のオーゾンヌ!!!!

感無量!!!!

 

ちょっと休憩しましょう。

 

トレ・ステッレのステーキ

bw-15

熊本・阿蘇の赤牛のシャトーブリアンだそうです。

bw-16

ステーキには濃厚な赤ワインが欲しいな。

ありますよ!!

シャトー・ローザン セグラ 2009

bw-23

メドック格付け 第二級

ローザン・セグラの当たり年2009年は、

シャトーが350周年を迎えるにあたり、

ラベル・デザインをシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルド氏が担当、

特別なラベルでのリリースとなりました!!

あのロバート・パーカーは、

「2009年は私がボルドーを取材してきた32年間に試飲した中で、最良のヴィンテージになるかもしれない。」

「過去10年間の大半のヴィンテージをはるかに上回る。」

凄いコメントですね。

まだまだ若さはありますが、

今は今で凝縮した果実のような濃厚な赤ワインで、

熟成してくると、また違った顔になるんでしょうね。

 

次はラストの赤ワインです。

パラッツィ 1998年 テヌータ・ディ・トリノーロ

bw-17

イタリアトスカーナで生産中止の幻ワインパラッツィ!!

オーナーのアンドレア・フランケッティ氏はこの土地がメルローには合わないという結論に至って、

リリースして3年でこのサルテアーノ地区でのメルロー=パラッツィの生産を1999年に止めてしまいました。

メルロー好きで知られる某著名ワイン評論家は、

後継ワインであるトリノーロよりもこのパラッツィを高く評価しているそうです。

メルロー50%カベルネ・フラン50%からテヌータ・ディ・トリノーロと同じ造りです。

1998年ですが、まだまだ若さあふれる果実味が印象的で、ラストの赤ワインにはピッタリでした。

ここで朗報が!!

この幻ワインパラッツィですが、

生産中止から10年後の2009年より復活しました!!

しかもメルロー100%!!

メルロー好きにはたまらないワインですね!!

探してみて下さい。

デザート編

もうお腹もいっぱいになり満足してるところにコレ!!

bw-20

もう食べられませんよ!!

コレはお子様のデザートでした。

 

大人の最上級デザートといえば、コレでしょう!!

シャトー・デイケム 1989bw-18
bw-19

貴腐ワインの最高峰シャトー・ディケム

このワインはその長命さでも愛好家を驚かせてきました。

ロバート・パーカー氏によると飲み頃は収穫後10〜100年も続くとされ、

その熟成ポテンシャルは計り知れないものがあります。

記録的な豊作年の1989ヴィンテージ。

あと30年は熟成が可能なポテンシャル抜群の一本です。

ソーテルヌ格付け 特別第1級 世界の貴腐ワインの頂点に君臨します。

度肝を抜くようなレベルの深みや凝縮感。

古い貴腐ワイン独特のブランデーの様な後味。

偉大すぎます!!

 

最後に今回の全ラインナップです。(写真撮り忘れたのでいただきました。)

 

bw-21

 

さて、今回はワイン・料理・参加者の素晴らしい人間性、

終始圧倒されっぱなしのワイン会でした。

 

このような会にお誘いいただきありがとうございました。

また是非誘って下さい(^^)(^^)(^^)

 

○○さん・○○さん・○○さん

ワインエキスパート合格おめでとうございます。

ありがとうございました。

 

 

 

 


FC2 ブログランキングも参加中!!
是非↓↓クリックお願いします!!

ブログ村ランキングにも参加中!!
是非↓↓クリックをお願いします!!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想を受け付けておりますのでどしどしコメント下さい。

気付き次第お返事致します。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

 - シャンパーニュ, ワイン