wine m blog

個人的なWINE blog

*

ドンペリニオン&ドゥラモット その①

      2016/11/17

こんにちは。

今回は、

自宅に友人夫婦が遊びに来た時に調子に乗ってシャンパンを2本開けました(^^)

ドンペリニオンドゥラモットです!!

第①弾をレポート致します。

スポンサーリンク

ドンペリニオン

ドンペリニオンと言えば、言わずと知れた超有名高級シャンパーニュですね。

今回開けたのは、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホルにオマージュを捧げるスペシャルなキャンペーン

“ドン ペリニヨン アンディ・ウォーホル トリビュート(A Tribute to Andy Warhol by Dom Pérignon)”です。

簡単に言うと、アンディ・ウォーホルとのコラボですね。

dom-1

写真は、ラッピングせずにセラーに入れてた為に色あせてます。。。

アンディ・ウォーホルとは?

アンディ・ウォーホルは、アメリカの画家でポップアートの第一人者です。

マリリン・モンローや、

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%ab-1

バナナ スクリーンプリントや、

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%ab-2

キャンベルスープ缶が有名ですよね。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%ab-3

1960年代は、あの草間彌生と一緒にグループ展示を行ってます。

アンディ・ウォーホルは生前、友人たちとドン ペリニヨンのシャンパンを嗜んでいた。

1981年の日記には「20人の男性がドン ペリニヨンのボトルを2000本購入し、

西暦2000年まで密閉された部屋に入れ、その後開けて飲む」という一風変わった“2000 クラブ”について記述。

残念ながらウォーホルは1987年に逝去し、密閉されたドン ペリニヨンを楽しむことは無かったが、

このアイデアをとても気に入っていたそうだ。

そして今回、

ドンペリニヨンはこの飽くなき情熱とともに生涯を駆け抜けた天才アーティストにオマージュを捧げるべく、

「アンディ・ウォーホル美術財団」とのライセンス契約に基づき、

セントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインにデザインを依頼。

そんなシャレたドンペリニオンの限定品、

「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2002 アンディ・ウォーホル カラーラベル 」

私の妻は、画廊をやっているので

妻の好みで以前購入していたのを今回開けました。

ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2002 アンディ・ウォーホル カラーラベル

dom-2

パーカーポイントは驚異の96点!!

ドンペリは、

グラン・クリュ格付の自社畑100%のピノ・ノワールシャルドネ半々で醸される、

キュベ・ミレジメ・シャンパーニュです。

色は?

dom-3

色は、2002年の割にはフレッシュな色合いです。

香りは、味わいは?

dom-4

さすがグレートヴィンテージ2002年ですね!!

まだまだ若々しさあふれるフレッシュなアーモンドの香りがします。

味わいは、情報によると濃厚でありながらクリーミー!!

濃厚?

クリーミー??

私は、濃厚というか、

フレッシュでスッキリした味わいに感じました。

ドンペリニオンは、エノテークしか飲んだことがないからかな 😎

次回は、その②でドゥラモット編をお届けいたします。

 


FC2 ブログランキングも参加中!!
是非↓↓クリックお願いします!!

ブログ村ランキングにも参加中!!
是非↓↓クリックをお願いします!!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想を受け付けておりますのでどしどしコメント下さい。

気付き次第お返事致します。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

 - シャンパーニュ