wine m blog

個人的なWINE blog

*

シャンパーニュのスタンダード・キュベを飲みあさってみた(ロベール・モンキュイ編)

   

シャンパーニュの勉強のつもりで(ただ飲みたいだけ!)

メジャーなシャンパーニュからマニアックなシャンパーニュまで、

色々と飲んで勉強してみようと(ただ飲みたいだけ!!)

シャンパーニュを飲みあさっています!!

「シャンパーニュのスタンダード・キュベを飲みあさってみた」をタイトルに

数回にかけて私なりのシャンパーニュの知識をお伝えしていきます。

今回は、第8弾のロベール・モンキュイです。

スポンサーリンク

ロベール・モンキュイ

ロベールモンキュイ-2

今回ご紹介のロベール・モンキュイは、

これはシャンパンのロマネ・コンティだ!!

このウリ文句に誘惑されクリックしてしまいました。(笑)

驚愕の超激安シャンパン!!

あの[クリスタル]と同じ特級シャルドネ100%にしてこの価格!!

破格の特級100%!!

とまでも書いてあります!!

そりゃ~~クリックしちゃいますよね。。。

ビルカール・サルモンルイ・ロデレールに供給

所有する30もの小区画の中でも若樹や重たい味わいになるぶどうを中心に

ビルカール ・サルモンルイ・ロデレール社クリスタルに使われている)へ現在も供給しているそうです。

これはかなり品質が高い証拠でしょう!!

2012年には、JAL国際線ファーストクラス・ラウンジを代表するシャンパンに選ばれ、

今まさに見事オンリスト!!

凄そうじゃないですか??

ロベール・モンキュイ 

シャンパーニュ地方のシャルドネの聖地、

コート・デ・ブランで最もエレガントで、ミネラルに富んだシャンパーニュを産み出すのが

ル・メニル・シュール・オジェ村。

前回のフランソワ・ビリオンも同じル・メニル・シュール・オジェでしたね。

フランソワ・ビリオンはこちら

いかも、

所有畑が全てメニル内にある唯一のRMなんです!!

造られるキュヴェが全てメニル100%です!!

まさに特級100%シャンパンにして、

あのモンラッシェと同じ石灰質土壌の超極上のシャルドネだけで、

極めて丁寧に造られた、

まさに極上シャンパンの素晴らしい味わい!!。

コレは飲みたいでしょ??

飲みたくなるでしょ??

え??

私だけ!?

ロベール・モンキュイ 醸造方法

ル・メニル・シュル・オジェは、シャンパーニュのコ ート・デ・ブラン(白い丘)で、格付け100%の村である。

1889年に葡萄栽培を始めて、1928年に3代目のロベール・モンキュイがシャンパーニュを醸造、

レコルタン ・マニピュラン(自家栽培・醸造家)として、ブラン・ ド・ブランで特異なスタイルを表現してきた。

補糖をしない、自然なシャンパーニュのために、完熟した葡萄を収穫する。

果実味に緊張感をともなって辛口の美味。

現在は100%元詰め。

所有する30もの小区画は、それぞれの特徴毎に別のタンクで仕込まれます。

メニルらしさである、デリケートさ、フィネス、ミネラルを最大に表現する為に、

全ての工程をステンレスタンクで行っています。

ロベールモンキュイ-4

ロベール・モンキュイ・グラン・クリュ・ル・メニル・シュール・オジェ・ブランド・ブラン・ブリュット

ロベールモンキュイ-6

ブラン・ド・ブランの極め付け、とも言われる「ル・メニル」の特級畑では

ブドウがよく熟し、力強くバランスの良いシャンパーニュが出来ると言われてます。

どんなものなのでしょう?

今回も前評判は良すぎますが。。。

ロベールモンキュイ-3

色は、

全体的にグリーンかかった明るいイエローですね。

香りは、

グレープフルーツやレモンなどの柑橘系の爽やかな香りに、

ナッツっぽさがありますね。

味わいは、

爽やかな果実味と、

生き生きした酸が力強いです。

ブラン・ド・ブランらしい味わいですね。

妻の反応は、

『うん、美味しい!!』

『でも、前の方(フランソワ・ビリオン)がいいかも。。。』

でした。

 

 


FC2 ブログランキングも参加中!!
是非↓↓クリックお願いします!!

ブログ村ランキングにも参加中!!
是非↓↓クリックをお願いします!!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想を受け付けておりますのでどしどしコメント下さい。

気付き次第お返事致します。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

 - シャンパーニュ